INNOCHAN

O2OやIoTといったワードを軸に、海外IT動向を取り上げています

スウェーデン、現金を使用しない最初の国になるのか?

引用:http://techneedle.com/archives/23206

引用:http://techneedle.com/archives/23206

スウェーデンのいくつかの主要銀行はもう現金(Cash)を保有していない。路上で新聞を売るホームレスもクレジットカードを受け付ける。昨年、スウェーデンで発生した取引の80%が現金なしで行われ、市場の流動現金量は、過去6年間40%〜50%減少した。スウェーデン国民の1/3はリアルタイム口座振替が可能なSwishアプリを利用する。いくつかの制度的、現実的な障害はあるが、スウェーデンは8〜10年以内に現金が存在しない国になる可能性がある。

執筆者コメント
スウェーデンでなくても、近いうちに現金を使用しない経済圏が登場するのだろうか?最近、アメリカで人気があるVenmoを利用すると、現金よりも急速に個人間の送金ができる。現金は電子マネーと比べて経済の透明性や効率性の側面で不利だ。しかし、電子新聞が紙の新聞を代替できないよう、実際の貨幣が消えることは容易ではないだろう。技術の普及など現実的な問題はともかく、教会の献金やお年玉のような日常生活の中で代替できない現金固有の価値は、しばらく維持されると考える。

【原文を読む】 techneedle

Return Top